カットがうまい美容師


こんばんは!松原団地にある、決まった美容室がない方にこそきてほしい美容室 I’Mの伊藤です

突然ですが、カットって、美容室にとって、美容師にとって、お客様にとって、一番重要な部分であると思っているんですよね!カラー専門店などは除きます。

カットがうまいってどういうこと?

本日、こんなお客様がいらっしゃいました。

左右の長さが違うから自分で右側切っちゃったんだけど、まだそれでも右が長いの

確かに。。。

私はカットが好きなのでカットを前面にオススメしていくようなスタンスでやらせていただいておりますが、よく聞くお言葉で

「誰々さんはカットがうまい!」
「カットがうまいって思うスタッフって誰ですか」
「カットがうまい人にやってもらいたい」

これ確かに全部わかるんです。

気持ちとしては。。

ただそれは、私たち技術者側ではなく、

お客様が決めること!

だと思っております。

もちろん!まだまだ私も未熟ではありますが、初めましてのお客様のヘアーの状態を見て、これはひどいな。。。と思うことも少なからずあります。

相性の問題であって、技術の問題でもある、

演出がうまい美容師さんもいれば黙々とカットする職人のような美容師さんもいる。

それが全てお客様にクリティカルヒットすればきっとそのスタイリストはそのお客様に

「この人はカットがうまい!」

と支持をいただけるでしょう。

ただ、さきほどの話に戻りますけれど・・・
そんなに左右の長さが違うカットなんかしたらうまいもヘタもないでしょうよっていう話です。

まずは要望通りカットできること、左右のバランスが揃っていること。
長さの設定がちゃんとしていること、これ絶対でしょ!!!

そこから相性やら云々の話なわけです。

右側がやたらと軽い、右側だけがっつりレイヤー入っててフラットな仕上がりで毛先ははねて、左はグラデーションで丸みついてる状態、こんなカットしているようでは美容師としてダメな気がするんですよねw

ただ、長さ確認で左右の長さが必ずしも完全一致でなければならないのか?
私の考えはNOです!賛否両論あるかとは思いますが、私の個人的な見解です。

左右長さを引っ張って確認して、よし!!って思っても正面の鏡見たらなんかずれてる、そんな経験ございませんか??
あくまで大事なのは、日常での見え方での左右のバランス。

そのためにあえて長さを変えて切ることで揃って見える場合もあるんです。
ちゃんと説明させていただいた上で、そのようにさせていただくこともございます。

最後の仕上げの際、必ず、うーーん・・・と思うことは伝えていきましょう!!

これ大事です!
察しなきゃいけないのはこちら側、きになることを伝える勇気を持って欲しいのはお客様、そもそも左右合わせて切れよ!っていうのはこちら側。

一緒にいいスタイルをつくっていきましょう!

それができれば、きっと

カットがうまい

美容師さんとの関係になれるのではないでしょうか。。。

一個人の考察でした。。。

草加市 松原団地 美容室 I’M 伊藤