ブログ更新情報

外国人風カラーを作るカラー剤の特徴って何??


草加・獨協大学前<草加松原>駅(旧・松原団地駅)にある、大型店が苦手、人が多い美容室が苦手、という方のためにあるしっかりカウンセリングさせていただく安心できる美容室、I’M(アイム)の伊藤です。

 

外国人風カラーが作りやすいカラー剤ってなに?

 

 

さて今回はここ数年大流行の、

 

『外国人風カラー』

 

を!

 

『作りやすいカラー剤』

 

ってなに?

 

ちゅう話です。

有名どころで言うと、

 

 

イルミナカラー (代表格)

スロウカラー(I’M取り扱いカラー)

アディクシー (かなり暗めのアッシュもあるらしい)

ピカラ (最近ディーラーがやたらと勧めてくる)

あとは他のメーカー様のカラー剤の中でもアッシュ系のカラー剤がちらほらと。って感じですかね。

 

 

んじゃそもそも、

外国人風カラーってなんぞ?

 

 

そこからお話しますね。

 

簡単に言うと、

 

『赤みを極限まで抑えて作るアッシュ系もしくはベージュ系のカラー』

 

です。

 

 

私が作る際は黄色みも抑えつつグレーをベースにカラー調合することが多いですね。

 

 

髪の毛の簡単なお話。

 

髪の毛は地毛がそもそも黒髪!というイメージがありますが、基本的には、

 

赤・青・黄

 

を帯びたメラニン色素で構成されています。

 

 

そこのあなた!

 

察しがいいですね!

 

日本人は極端に赤みが多いです。

 

で、カラーすると明るくなりますよね?

 

これの原理は、メラニン色素を脱色していくから明るくなるわけです。

 

抜ける順番としては、

 

青→赤→黄

 

だったかな、確かwww

 

 

  1. 少し明るくすると、大抵ブラウンベースのカラーになりますよね?
  2. さらに脱色力を上げていくと黄色いハイトーンになりますよね?
  3. さらに脱色力を上げていくと、金髪になりますよね?
  4. さらにさらに脱色力を上げていくとホワイトになりますよね?

 

 

想像できると思いますが、ダメージは

 

 

4>3>2>1

 

 

です。これ大事。赤ペン。テスト出します。

 

 

 

話は戻して、最近の流行りの外国人風カラーを作りやすいカラー剤というのは、簡単に言うと、

 

赤系色素を限りなく(もしくは全く)減らしたカラー剤で、高い脱色力に濃いめのアッシュ系色素を混ぜて作られたカラー剤

 

 

てことなんです。

 

日本人は赤系色素が多いため、赤を限りなく抑えるとなると、それなりに脱色力が高いということになりますね。

 

そもそも通常のカラー剤で染めるとなんとなく赤みの残ったブラウンベースのアッシュ系からーになってしまうわけですね。

 

だから赤みを抑えつつ濃いめのアッシュ系色素で明るさを押さえ込んで染めていくわけです。

 

そうするとベースは明るくなって濃いめのアッシュが綺麗に入って外国人のような透き通ったグレーやブルーやグリーンやベージュが入るわけです。

 

 

んじゃあデメリットは?

 

  • 追加料金を取ることが多い
  • 抜けやすい
  • 痛みにくいと言われることが多いが実際はダメージが出やすい(場合もある)
  • もともとのベースに結構左右される

 

あげればきりがないですが、伊藤が気になるのは、追加料金がかかることとダメージの部分ですかね。

 

追加料金に関してはピンキリですが、1000円〜3000円が相場でしょうか。

 

 

確かにこの手のカラー剤は原価が高いですが、かといって通常のカラー剤の倍もしないです。

あ、定価の話なので、特別価格仕入れでやってるサロンさんはありえます。

 

 

なのに、

え?そのカラー剤でそんなに追加料金とるの?

 

てサロンさんもみかけます。

 

赤みの少ない、ブラウンみの少ないカラー剤は抜けるのが早いです。特にカラーは青系(アッシュ)から先に抜けていきます。

 

なのにそんな追加料金とるんだ・・・と。

 

別に批判でも否定でもありません。

 

ただのぼやきです。

 

あとダメージ。

 

イルミナカラーに関しては、

 

傷まない!金属イオンをナンチャラカンチャラで!

と謳っていますが、確かに金属イオンのダメージは防ぎやすくなっているのでしょう。きっと。

 

 

でもね、

 

 

傷まないカラー剤なんてないんですよ!

あ、厳密に言うとありますけどね、ハケで塗るという行為そのものでのダメージは必ず起こります。

 

 

むしろこの手のカラー剤は赤みを抑える=赤みを脱色するに近い方程式があるわけです。

 

地毛や今の状態よりも明るくすることをアンダーを削ると言いますが、

 

 

アンダーを削る=脱色力が高い=ダメージ力もアップ

 

 

ということなんですねー。

 

 

そこはしっかり理解した上でカラーの追加料金を支払ってでもやりたい!という場合はぜひそれでやってみてください!

 

今までにない透明感のある仕上がりになりますよ!

 

デメリットばかり目立った書き方してしまいましたが、仕上がりの透明感も色味も伊藤もちゃんと好きですからね!

 

スロウカラー使いまくってますし。

 

I’Mはスロウカラーの追加料金はとってませんけどねww

 

 

ようは選択肢の問題です。

 

先述した外国人風カラーを作りやすいカラー剤じゃなくてもダメージは起こりますしそもそも費用かかります。

 

 

この先のカラー人生、いろんな選択肢がある中で、お好きなものを担当スタイリスト様と話し合って決めていけばいいことなんです。

 

 

ただ、使用されてるカラー剤、色味、などの特徴やメリットデメリットをしっかり理解した中で施術を受けてくださいね!

 

表向きのメリットや流行りばかりに目をとらわれすぎないように。。。

 

 

ちなみに余談ですが、伊藤はスロウカラーで外国人風カラーでデザインする中で、白髪染め用のコンフォートカラーも混ぜることもありますw

 

全てはデザイン、全てはお客様それぞれ、全ては髪の毛のため、

 

いろいろ考えてやってます。

 

 

 

 

 

選択肢、納得して選んでくださいね♪

 

 

 

 

 

あでゅ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

I’MのLINE@はこちらから↓『ヘアー専用アカウントです』
ご予約や事前カウンセリング、ヘアーに関する悩みや質問など、簡単にやり取りできます♪
友だち追加数

ID検索→『@kwu4564r』 もしくはLINEアプリ内「公式アカウント」より「I’M」で検索

 


 

 

I’M eyeのLINE@はこちらから↓『まつ毛エクステ専用アカウントです』
ご予約や事前カウンセリング、まつ毛エクステに関する悩みや質問など、簡単にやり取りできます♪
友だち追加

 

ID検索→『@sbx2544c』 もしくはLINEアプリ内「公式アカウント」より「I’M eye lash」で検索

 


I’MのFacebookページはこちら↓

I’M Facebookページ

 

 

 

 

草加市 獨協大学前<草加松原>駅 (旧・松原団地駅) 美容室 I’M(アイム)&まつ毛エクステI’M Eye  代表 伊藤雅貴

Share on Facebook
Tweet about this on TwitterEmail this to someone
シェアしてね♫