髪の毛の天敵!いやーな静電気の対策と原因は?


こんばんは!松原団地にある、地域でNO.1の居心地の良い空間と、マンツーマン対応による安心できる美容室、I’Mの伊藤です。

先日、私の先輩である美容師さんが静電気に触れて記事を書いてまして、もうそんな時期かーと思っていたらあれよあれよとお客様の髪の毛に溜まってきてる静電気たち!先日、今年初「バチッ!」を体験いたしましたので、私も軽く触れておきます♪

 

髪の毛の水分不足、すなわち乾燥が原因?!

髪の毛が静電気でボザボザになるとテンション下がるしなんだかあまりいい気分はしませんよね。

 

 

髪の毛に静電気が起こるのはなぜでしょう?

 

はい、ずばり!

 

「乾燥」

 

です。

 

 

以上!!

ではまた。。。

 

 

 

・・・・・・・

 

 

 

 

で終わらせられるわけがなく、それっぽいこと書いていきましょう!!

 

まず、

 

なんで静電気が起きるのでしょう??

 

先ほど記述しましたが、まず乾燥です!

髪の毛の水分不足ですね。

髪の毛自体が常にこすれあって静電気が発生しています。髪の毛の水分量がしっかりとしている場合、自然と帯電状態から放電までしてくれているらしいのですが、乾燥している状態だとそのまま蓄電されていきます。

また、日々のダメージにより毛髪内部が乾燥しています。これは通年通して起こりえることですね!

ブラッシングや服のこすれ、そういったもので静電気は発生しやすくもなります。

基本的に静電気は摩擦による帯電、それが逆の極性の電荷と触れ合った時にバチっと放電する際に生じることがほとんどのようです。

 

特に空気が乾燥しているこの季節、その乾燥した空気が髪の毛に触れることでさらに髪の毛の水分を奪っていくわけですね。

なので加湿された部屋にいる時はそんなに静電気がおきないのはこのためです。

そしてウールやポリエステルなど「あったかいんだから〜」のお洋服を着てることで、服のこすれで帯電し、その帯電したものが髪の毛に溜まっていくわけです。

 

髪の毛に与える影響は?

髪の毛のダメージの進行!

キューティクルが剥がれ落ちる原因につながります。

また、剥がれ落ちた部分から水分やタンパク質が流出しやすくなりますね!

頭皮にも影響があります。施電気が発生している状態の頭皮はチリやホコリなどを寄せ付けやすくなります。

これによる頭皮の痒みなどが発生しやすい状態になります。

それに単純に広がってまとまらなくなってスタイルが決まらなくなります!

 

対策は??

  • 洗い流さないトリートメントを使用する
  • ブラッシングする際、ブラシを獣毛などのものに変える(プラスチックやポリエステル製の物は静電気が起きやすいです)
  • 霧吹き等で少し濡らす。(濡らしすぎはかえって逆効果)

 

が一般的にすぐにできる対策でしょうか。

手軽にできそうですね!

ちなみに獣毛系のブラシはこんな感じのやつ!!

image

 

よく美容室で見かけますね!

ちょっとお値段ははりますが、非常に使いやすいので一本持っておいてもいいかもしれません!

 

さてさて、静電気について軽く触れてみました!今年は早めの対策をして、静電気知らずのキレイ潤いヘアーを目指しましょう!!!

 

 

 

I’MのLINE@はこちらから↓
友だち追加数

I’MのFacebookページはこちらから↓

I’MのFacebookページ

草加 松原団地 美容室 I’M 伊藤雅貴